鹿児島県古里温泉の桜島シーサイドホテル

鹿児島県古里温泉にある桜島シーサイドホテル
混浴露天風呂からの景色は、遮るものが何もないので海をまさに一望できる絶景です

日本温泉巡り旅 > 鹿児島県の温泉一覧 > 古里温泉の桜島シーサイドホテル

利用状況

宿泊

アクセス

地図

道路状況

桜島シーサイドホテルは、国道に面しているのでアクセスには何の問題もありません。

桜島シーサイドホテル詳細

建物はかなり年季が入っています。正面玄関の作りを見ても、それは一目瞭然。でも、清掃などは行き届いていたので、それを感じさせない。

車に桜島の噴火灰が積もっている

ココは、桜島。と思わせてくれたのがこの写真。
チェックアウトして、車に向かったら車の色が違っていた。紺色の筈なのに、そうは見えない。近づいてみると、白い砂???灰でした。桜島灰?そんな呼び名があるのでしょうか?


温泉口コミ

桜島シーサイドホテル共同浴場の浴槽

建物を出て階段を下りると混浴露天風呂 錦江湾を眺めながら温泉

泉質

塩化物泉

お風呂

男女別浴内湯 1 、 混浴露天風呂 1

古里温泉桜島シーサイドホテル口コミ

泉質をうんぬん云うよりも、混浴露天風呂からの眺めにご注目あれ。まぁ~最高です。

桜島シーサイドホテル共同湯体験記

宮崎県の串間市から熊本へ向かう道中。時間的に無理だったのでどこかで宿泊を。温泉が入れるホテルで調べると、手ごろな値段で「桜島シーサイドホテル」が。
温泉でもいろいろなので調べてみると、いい感じだ。

当日の予約だったので「朝食付き」で7000円ぐらいだったかな?もうすこし早く予約していれば5000円ぐらいだった。逃した2000円は大きい。

夜ご飯を道中で済ませて、お酒と肴を買ってホテルに到着。すでに8時半。最後のチェックインだったようで、仲居?さんが待っていてくれた。待たなくていい、と予約時に云うべきだった。神明温泉などでバイトした事があるので、旅館の仕事の辛さは分かっているつもりだ。

チェックインを済ませ、部屋に案内されて、速攻で向かうは「温泉」でしょ-。
露天は明日の朝に取っておくとして、夜は内湯を堪能。
濃い-茶色の温泉。舐めると少ししょっぱくて苦い。そして、析出物がすごい。浴槽の淵にびっしり。岩みたいになってました。泉質も濃い-ですね。

翌朝。もちろん、早起きして混浴露天風呂へ。ありがたいことに誰も入っていない。ということで写真をぱしゃり。
もう、ほんと景色が最高。この絶景~コンチクショ~いつまででも見ていたいぜ。この眺めは「露天風呂漁火」ぐらい絶景だ。泉質の濃い天然温泉につかりながら海を眺める、最高の贅沢です。

古里温泉桜島シーサイドホテルでは、日帰り入浴も可能です。営業時間などは要問合せ。